消費者金融 一本化

消費者金融に一括請求されるケース

消費者金融から借り入れたお金の返済は、
通常リボルビング払いという支払い方式になっています。
これは、消費者金融と契約した時に設定されている利用限度額の範囲内であれば、
いつでもいくらでも借り入れや返済を繰り返してよいというものです。

ただし、毎月最低限、決められている金額の返済は続けなければなりません。
繰り上げ返済の手数料もかかりませんので、
早く返済する人にとって便利なシステムですが、月々の負担額が少ないため、
ずるずると借り入れと返済を繰り返すケースもあります。
通常は返済をすることへの意識はだれしもが持っているでしょう。
しかし、意外とそうでない人もいます。時間がないからなども今では言いわけにも
なりません。消費者金融スマホで簡単キャッシングでもあるとおり、今では簡単に
借り入れから返済の確認などがスマートフォンなどからでもできるようになっているため
環境が悪いという性にはしてはいけないと思うのです。

基本が他のローンよりも高いという意識をもつ

消費者金融の金利は基本的に高額になっていますので、
返済を先延ばしにするほど利息が膨らんでいきます。
また、借入額が高額になると、月々の最低負担額もそれにつれて増えてしまい、
毎月の支払いが重くなってきます。
そのため、無計画に消費者金融を利用していると、
月々の返済すらおぼつかなくなり、支払いを滞納してしまうことがあります。
消費者金融との契約には、懈怠約款というものがついています。
これは、何度か(大体2回程度)支払いを滞納すると、
消費者金融は残りの債務を一括請求できるというものです。
あまりに滞納が続くと、口頭や書面での一括請求に留まらず、
訴訟などで請求をされ、預金や給料を差し押さえられることもありますので要注意です。
ただ、消費者金融も何が何でも滞納したら一括請求をするというわけではありません。
連絡もせずに滞納するのではなく、きちんとし払えない事情を説明して、翌月にまとめて支払うなどの方法を提案すると、受理されることもあります。

訴訟で一括請求されると、これまでとは比べ物にならない額の返済を
迫られることになり、生活が立ち行かなくなりますので、
返済が難しい場合でも、まずは消費者金融に連絡をとって相談するようにしましょう。
また、借入れをする時にはきちんと計画を立てて、
必要以上の借り入れはできるだけしないようにするなど、日頃から気をつけましょう。

止むを得ず遅れてしまう場合は

とはいえ、日頃から気をつけて借入れをして、返済もきちんとしていても、
どうしてもやむを得ない状況で、返済に遅れてしまうというケースはあるものです。
繰り返しになってしまいますが、そういった時にはできるだけ早く連絡を入れ、
遅れてしまう旨と、確実に返済ができる日時を伝えて、
返済を行う意志があること、誠意があることをしっかりと伝えましょう。

そうすることで、この人なら信用できる大丈夫という印象を持ってもらえますし、
一括請求されてしまうことを避けられる場合もあります。

消費者金融 一本化

コラム