消費者金融 一本化

消費者金融の借入を一本化!こんな人は失敗する

お金が足りない時に消費者金融からキャッシングする事は、今や多くの人が
使っているので普通の事だと思います。抵抗がある人は借入しない方がいいと
思いますが、感覚的にはクレジットカードでの買い物とそんなに変わらないのですが、

利用方法や使い方を誤ると複数の消費者金融から借入する多重債務の状態になる方もいます。
多重債務の状態を改善するための一本化(おまとめ)で失敗する人はどんな人なのか?

借入一本化で失敗する人

・返済額が返済可能額の範囲内でない
・他社での借入の返済の為に一本化しようとしている

返済額が返済可能額の範囲内でない

まず、消費者金融でキャッシングして多重債務の状態になっているので、
お金が足りない状況にあったという事になります。
この状況を打開しないと、一本化したとしても返済できる目途があると
言えないと思います。毎月の返済額が少し余裕を持って支払いができる額なのか?
もしぎりぎりである場合は、借入する必要がでてきたりするので、返済がすすみません。
まずは、ムダに使っているお金を全て洗い出して、本当に返済可能な額を計算してみてください。

もしムダなお金を使っていないとしたら、そもそも収入と生活が合っていない可能性もあります。

もしも返済に遅れたりなどが続き訴訟などを起こされると場合によっては消費者金融に一括請求されるケースもあるので注意が必要です。

他社での借入の返済の為に一本化しようとしている

他社返済の為に借入をする場合!注意が必要です。
確かに一本化する理由はまとめることで返済を楽にしたり、
少なからず他社返済の理由もあるとは思うのですが、根本的には
借金の為の借金をするわけなので一本化にメリットを持たせないといけません。
金利を低くできたり、返済が一つになる、また、気持ちを仕切りなおして返済できるなど、
人によってメリットは異なります。

月々の返済額が少なくなってお金に多少余裕がでてきたりした場合、
貯金をしたり有効に活用すればいいと思うのですが、
余裕が出た分をムダに使ったりしては意味がないワケです。
一本化は借金がなくなったわけではなく全額返済する必要があるので
今まで以上に返済できるように強い気持ちでいる必要があります。

意思の弱さで多重債務の状態になっているわけなので、同じ生活をして、
同じようにお金を使っていては返済できるわけがありません。
もし一本化にメリットを感じた場合は仕切り直しの機会と思って、
まずは、ムダを徹底的に見直しましょう。絶対にムダ使いがあるはずです。
取り返しのつかない状態になる前に強い意志で完済まで頑張る必要があります。

借金 任意整理

消費者金融 一本化

コラム